定例ワイン会
2008年2月9日




商品名: 6571○コルトン・シャルルマーニュ 1991年 ピエール&ガストン・ラヴォー
生産者: ガストン・ラヴォー (このワイン以外はこちらをクリックしてください) 
容量: 750ml ( 12.5%vol )
産地: フランス/ブルゴーニュ
ブドウ品種: シャルドネ100%
タイプ: 白ワイン(辛口)  [重め] □■□□□ [軽め]
熟成具合: まだ熟成途中、今飲むのはもったいないかな(飲み頃まであと数年)
温度: 13〜15℃位
食事: 甘海老のカルパッチョ・キャビアソース添え
数量:
単価: 税抜\19950

抜栓が少し遅かったのか、まだ香りが強くはでてこなかった。
酸は十分にあり、ミネラル感を強く感じる。
まだ硬いためか、果実味がまだ少し弱い。
まだ、熟成を待ちたい一本

商品名: 6748●ラドワ“オー・モーロッツ” 1976年 ピエール&ガストン・ラヴォー
生産者: ガストン・ラヴォー (このワイン以外はこちらをクリックしてください)
容量: 750ml ( 13.0%vol )
産地: フランス/ブルゴーニュ
ブドウ品種: ピノ・ノワール
タイプ: 赤ワイン  [重め] □■□□□ [軽め]
熟成具合: 完熟に近い状態(数少ないピノ・ノワールの熟成ワイン)
温度: 17〜18℃位
食事: 仔牛のロティ、肉汁のソースで
数量: 売り切れです
単価:

土、腐葉土、熟成したピノ・ノワールの香り。
振ると、奥からフルーツがでてくる。イチゴの香り。
タンニンも十分柔らかくなっているが、もう少しの熟成も待てる。
素晴らしい一本

商品名: 1362●ラドワ“オー・モーロッツ” 1983年 ピエール&ガストン・ラヴォー
生産者: ガストン・ラヴォー
容量: 750ml ( 13.0%vol )
産地: フランス/ブルゴーニュ
ブドウ品種: ピノ・ノワール100%
タイプ: 赤ワイン  [重め] □■□□□ [軽め]
熟成具合: まだ若干の硬さがある(83年の特徴である酸の強さがある、熟成が期待できる)
温度: 17〜18℃位
食事: 仔牛のロティ、肉汁のソースで
数量:
単価: 税抜\12000

前回に続いて、今回も83年が出てきた。
1月26日の試飲会では、澱が回っていた状態での抜栓になってしまったが、
今回は澱を綺麗に取り除いた状態での試飲になった。
76年のものよりは、若干果実味が青く感じられる。ファーストノウズは76年同様の
土、腐葉土の香りだが、こちらも奥からフルーツがでてくる。
飲み頃に近づいてはいるが、まだ硬さの残る一本。


商品名: 70●コルトン・グランクリュ 1983年 ピエール&ガストン・ラヴォー
生産者: ガストン・ラヴォー
容量: 750ml ( 13.5%vol )
産地: フランス/ブルゴーニュ
ブドウ品種: ピノ・ノワール100%
タイプ: 赤ワイン  [重め] □■□□□ [軽め]
熟成具合: 良い熟成具合になりつつある。(今後10年近く熟成し続ける)
温度: 17〜18℃位
食事: ウズラ肉のロースト ジャガイモのクレープと菜の花添え
数量:
単価: 税抜\18500

最初の香りは土、奥からフルーツ、花の香りが出てくる。
タンニンがすごく柔らかくなっている。
やはり、グランクリュと1級の差だろうか、上記の2つの赤ワインに比べ
タンニン、酸、果実味が充実している。とてもクリアーな味わいで、
今飲んでも、十分に美味しく飲める一本

商品名: 3881●コルトン・ブレッサンド 1983年 ピエール&ガストン・ラヴォー
生産者: ガストン・ラヴォー
容量: 750ml ( 13.5%vol )
産地: フランス/ブルゴーニュ
ブドウ品種: ピノ・ノワール100%
タイプ: 赤ワイン  [重め] □■□□□ [軽め]
熟成具合: 良い熟成具合になりつつある。(今後10年近く熟成し続ける)
温度: 17〜18℃位
食事: ウズラ肉のロースト ジャガイモのクレープと菜の花添え
数量:
単価: 税抜\18500

本日二本目のグランクリュ。コルトンの畑違い、「ブレッサンド」のワイン
こちらのコルトンは、土のほかに、ドブ香がまじっている。
奥からはフルーツ、非常にソリッドな香りだ。
今日のワインの中で一番アフターが長い。ボリュームもありタンニックだが
クリーンな味わいを感じさせるところがグランクリュの力か
上記のコルトンより冷たい酸を感じる。こちらも素晴らしい熟成をしている一本

商品名: 1394●マ・ド・ドマ・ガッサク 1995年
生産者: マ・ド・ドマ・ガッサク (このワイン以外はこちらをクリックしてください)
容量: 750ml ( 12.9%vol )
産地: フランス/ラングドック
ブドウ品種: シラー主体、少量マルベック
タイプ: 赤ワイン  [重め] □□□□ [軽め]
熟成具合: パワフルなタンニン(長期の熟成によりどんどんよくなる!)
温度: 17〜18℃位
食事: 牛サーロインのステーキ
数量:
単価: 売り切れです。

これまでの、フランスのピノ・ノワールとは明らかに違ったワイン
香りには、カカオ、チョコ、黒い果実がたっぷりとあり、甘い香りをかもし出している。
前までのワインが、熟成したワインであったために、タンニンに苦味を感じてしまうが、
このワインのクオリティの高さは十分に伺える。
まるで、ビターコーヒーを飲んでいるようだ。
長期熟成により真価を発揮しそうだ。とても楽しみな一本



 メールマガジン登録はこちらから


たくさんのご注文お待ちしております。
ご注文は返信のメールまたはchumon@suzukiya.co.jp

(有)土浦鈴木屋
〒300-0048 茨城県土浦市田中1-7-15
Tel029-821-1938 Fax029-825-2661
E-Mail:yoshii@suzukiya.co.jp URL:http://www.suzukiya.co.jp
毎週木曜日は定休日